子供を産まないと体に悪い?

子供を産まないと体に悪い?

出産をすることによってホルモンバランスが整い夫人家計の病気にかかりにくくなるという話を聞くことがあります。

 

これは、子宮内膜症や月経痛に限っては、出産が解決になることがあるからでしょう。特に子宮内膜症は、激しい月経痛と不妊がおおきな問題で、完全に治す効果的な治療法が現状はないので、「はやく出産を」というアドバイスになるのだと思われます。

 

この言葉じりに産まない女性に対する否定のニュアンスを感じ取ったとしても、衆参に関しては自分自身で決めることです。

 

しかし反対に集散することが原因で起こる症状もあることが確かです。それは、痔や尿失禁や腰痛です。これらの症状は出産することが原因で発生することがあるのです。

 

人類はずっと様々な病気と闘ってきました。同じように女性の病気も様相を変えているのです。女性が一生のうち二十数人の子供を産んでいた時代には、衆参時の出血や産褥熱、出産による肺結核の悪化など、妊娠・出産に関連した出来事が女性の生命を脅かしていたのです。

 

つわりがひどくてなくなる方もいたほどです。しかし一生のうちで経験する月経の回数は現代女性に比べてずっと少なかったので、月経痛など月経関連のトラブルは今よりも少なかったことでしょう。

 

初潮年齢が遅く、所出産年齢が低かった時代には、女性は月経の開始後数年で子供を産み始め妊娠・出産・死産を繰り返していました。だから、月経の経験回数は現代の女性に比べると極めて少なかったのです。激しい月経痛を引き起こす代表的な病気の子宮内膜症も、妊娠中には発生しないので、昔の女性に発症することはまれでした。

 

良く、子供を産まなかったから、子宮内膜症や月経痛の強い女性が増えてきていると言われていますが、病気の歴史から見れば出産形態や環境の変化で、病気の様相が昔と変わったというだけにすぎません。

 

多産の時代ンは産んだがための病気が存在していて、硝酸の時代には別の病気があり、子宮内膜症などの病気が増えたのかもしれないということです。不妊に関しても昔は子宮内膜症による不妊は少なかったでしょうが、その変わり結核や淋病で不妊になる女性が多かったのです。

 

産んでも生まなくても自分の体調を観察し、自分でケアする習慣をつけて、体を大切にしてください。