不妊治療について

不妊治療について

子供がほしいのに、子供ができない、こういうご夫婦の悩みを医学と利用して解決するのが不妊治療です。

 

子供ができないことが、母胎の健康を脅かすものではありませんので、治療と言っても不妊治療は普通の病気とは少し違うかもしれませんね。

 

不妊の夫婦に子供を授ける技術ですので生殖技術と言われることが多くなってきているようです。

 

この技術を応用して、夫婦以外の第三者の子宮を利用して、自分たち夫婦の子供を持とうとする代理母なども知られてきました。

 

妊娠に必要なものは、女性の卵子と、男性の精子と、女性の子宮です。卵生年氏は女性の卵管の中で融合して受精卵となり、子宮で成長します。

 

妊娠で必要なよそのうち、精子は精液と一緒に簡単に体の中に外の出すことができます。精子を扱う技術は今ほど医学が発達していない時代から行われていることでした。

 

採取した精子を細いチューブで直接、支給に送って受精をさせる技術を人工授精と言います。精子数の少ないときなど、原因の分からない不妊の時に行われています。